自宅でできるシミ取り化粧品の効果的な使い方を解説しました!知っておくと得する情報が満載です。

シミについて正しく理解していますか?

年齢とともに気になりだすシミ。
いつのまにか増えていて、悩んでいる女性も多いのではないでしょうか?

 

まず、シミの主な原因に挙げられるのが「紫外線」ですよね。
紫外線はシミだけでなくしわなどの原因にもなり、お肌の天敵だと言われています。
その他にも加齢による代謝低下やホルモンバランスの崩れ、乱れた生活習慣なども挙げられます。

 

シミは一回できてしまったら、なかなかキレイに消すことは出来ません。
手っ取り早くレーザーで…と考える人もいるかもしれませんが、費用もかさむうえに、一回消えたシミが復活することもよくあるようです。

 

悩んでいる女性

 

 

大切なのは「根気よく正しいスキンケアを行うこと」です。

 

このサイトではシミの基礎知識やシミが出来てしまった時の治療法などをまとめていますので是非参考にして下さい。

 

 

シミが出来る工程をみてみましょう

上記でも説明しているように、シミの原因は主に紫外線によるものです。
日焼け=皮膚が焼ける=シミが出来るとイメージしている方も多いと思いますが、実はもっと複雑な工程が私たちの肌細胞でおこっているのです。

 

まず紫外線を浴びると「活性酸素」が発生します。
この活性酸素とは、肌老化には天敵なもので、シミ、しわ、たるみなどの原因になるものです。

 

活性酸素が発生すると、色素形成細胞(メラノサイト)が活性化する情報伝達物質が作られます。
この段階で、紫外線から守ろうとするために肌を黒くしましょう、と働きかけられます。
情報伝達物質が発生すると、今度は「チロシナーゼ」という酵素が活性化します。

 

この「チロシナーゼ」がシミの元となる酵素です。
活性化したチロシナーゼは結合し、メラニンという黒褐色の物質に変化し、これが肌の表面へ送られシミとなってしますのです。

 

ここまでの過程があっても、ターンオーバーで28日間かけて細胞の新陳代謝が行われ、通常うまくいくと白い肌に戻ります。
ですが、年齢と共に起きる肌の老化や不規則なライフスタイルを行っていると表皮のターンオーバーが行うことが出来ず、いつまでもメラニン色素が表皮に残ったままの状態になってしまいます。

 

その結果、紫外線の影響がなくともメラニン色素を次々に作り出す、といったことが起こりシミとなってしまうのです。

 

 

ターンオーバーイメージ画像

シミを消すことは可能?!

自宅でシミ取りを行う方法として、日々のスキンケアがあげられます。
最近ではシミに特化したスキンケア商品が多く販売されており、その事からも女性がいかにシミを気にしているかが伺えますよね。

 

しかし多数あることにより、どの商品がいいのかが分からなくなってしまっている現状です。
そんな方の為に、シミ取りで有名な商品や人気商品を当サイトが独自で評価しました。
自分に合う商品を見つけて、自宅でのスキンケアに取り入れてみて下さい。

 

商品名 価格 試用期間 評価
b.glen 1,800円(税抜)~ 7日間 S
アスタリフトホワイト 1,000円(税抜) 5日間 A+
POLAホワイトショット 7,020円(税込)~ 1.5ヶ月~ S
Decenciaサエル 1,480円(税込) 10日間 S
AMPLEUR 1,890円(税込) 7日間 B-
ロスミンリペアクリーム 3,800円(税抜)~ 約1ヶ月 A
マルガレッタ 1,980円(税抜) 約1ヶ月 B
ホワイトロジー エッセンスW 900円(税抜) 7日間 B
APP-Cフラセラム 7,344円(税込) 約1ヶ月 B+
リフトケアジェル 3,795円(税抜) 約1ヶ月 C
DERMED 1,080円(税込) 7日間 C+
サイクルプラス 2,800円(税抜) 約1ヶ月 C
シズカニューヨーク 3,880円(税抜) 約2ヶ月分 B+
ルミナスホワイト 6,437円(税込) 約1ヶ月 C

 

  • 商品名…シミ取り化粧品の商品名です。
  • 価格…「初回購入」で購入した場合の価格となっています。
  • 試用期間…初回購入トライアルセット内容量のお試し期間となっています。
  • 評価…価格、成分、口コミなどを総合評価して当サイトが独自に行っている評価です。

シミを予防する為に必要なこと

シミ予防に必要なことは、

  1. 紫外線対策
  2. 正しい洗顔を行う
  3. 生活習慣を気をつける

主にこの3つです。

 

 

一番の原因とも言える「紫外線」から肌を守りましょう。

紫外線対策と言えば一般的に日焼け止めを塗ることですよね。
紫外線は1年365日、晴れの日も雨の日も降り注いでいます。
家の中にいても、車を運転していても日焼けする…と言われるほど紫外線とは手強いものなのです。
日焼け止めはベタベタするから嫌!という人もいるかもしれませんが、今はベタつかないものも発売されていますのでそういったものを選びましょう。

日焼け止め

 

また、長時間外にいる場合は塗り直しをする事も大切です。
日焼け止めの種類によって、効果を発揮できる時間や量なども違います。
説明書をきちんと確認することをおすすめします。
→日焼け止めの正しい使い方はこちら

 

 

正しい洗顔出来ていますか?

ほとんどの方は日中外出する時に化粧をしたり日焼け止めを塗ったりしますよね。
疲れて帰ってくるとそのままウトウト…という時もあると思いますが、しっかり1日の汚れを落とす事が重要です。

 

顔を洗うのは、朝起きてからと夜お風呂の時だと思います。基本的にはその2回で十分だと言われています。
それ以上洗いすぎると、皮脂が落ちて肌のバリア機能が低下してしまうと言われています。なので洗いすぎも厳禁です。

 

泡立てた泡で優しく撫で、汚れを浮き出すように洗います。
力を入れて洗うと摩擦で乾燥や小じわ、しわなどの原因にもなってしまいます。

 

また、最近は水で洗う人も多いようですが、皮脂の汚れを落とすにはぬるま湯がいいようです。シャワーの場合も直接かけると毛穴開きの原因になりますので、面倒かもしれませんが手ですくって洗うようにして下さい。

 

キレイに汚れを落としたら、スキンケアでしっかり保湿をしましょう。

 

 

生活習慣も意識してみましょう。

  • 乱れた食生活をしている
  • 毎日睡眠不足
  • タバコを吸っている
  • ストレスが多い

このような場合はきちんとスキンケアを行っていても効果はあらわれないでしょう。
それどころか肌がボロボロになる原因にもなります。

 

自分が食べたもので身体はできていると言うように、食事には気をつけなければいけません。
<シミに効果のある食べ物>を積極的に摂取するようにしましょう。

 

 

シミのない綺麗な肌を目指そう!