紫外線を過剰に受けると肌の表面に活性酸素が発生して、シミができる原因になり肌に悪影響を及ぼします。

活性酸素とシミ

活性酸素がお肌や健康に害があることはよく言われていますが、シミができるメカニズムにも大いに活性酸素は関与しています。

 

またその活性酸素が作り出す、「過脂化」を起こすととてもお肌にとって厄介なことになります。

 

 

活性酸素とシミの関係

活性酸素は健康を害したり色々なところで悪者扱いをされていますが、本来は外から来た細菌をやっつけるなどの働きもあり、実はなくてはならないものです。
しかし現代人の生活の乱れや公害等で、活性酸素は過剰に発生しやすい状況となり健康を脅かす存在となっています。

 

シミや美肌の大敵の紫外線を過剰に受けると、肌の表面に活性酸素が発生します。
紫外線は肌には悪影響を及ぼすので、活性酸素がブロックしようとしているのですが、大量に発生したとき肌が酸性となり、皮膚の脂質が酸化を起こします。

 

この酸化を起こした脂質、過酸化脂質が問題となります。
過酸化脂質が増えると、シミやお肌にあらゆる悪影響を及ぼします。

 

過脂化によるシミ
過酸化脂質が増えると過脂化を起こした肌となり、その影響からメラノサイトも影響を受けてしまい、過脂化のメラニン色素ができてしまいます。本来メラニン色素は活性酸素によるダメージを守る役目をして、肌のターンオーバーが正常に行われているといずれは排出されますが、新陳代謝が緩慢であったり、生活の乱れなどにより、活性酸素が増えて過脂化しているメラニン色素は、通常のメラニン色素よりも濃い色になります。

また、過脂化したメラニン色素は、ターンオーバーで簡単には排出されにくい構造に変化しておりより色の濃いシミとなって表れてしまいます。

 

 

過脂化のシミを作らない為には

過脂化のシミは厄介なので、出来る限り過脂化を起こさないようにしなければいけません。
活性酸素の発生を抑える紫外線対策も大切ですが、過剰に活性酸素を発生させるのは紫外線のみではなく、不規則な生活、乱れた食生活などでも増えてしまいます。

 

食事では抗酸化作用のあるものを食べ、バランスのよい食事を心がけ暴飲暴食は控えなければいけません。
また、ストレスや、不規則な生活なども影響を起こします。

 

活性酸素が異常に増えることで現れる濃い色のシミは、不健康のサインと受け止め生活習慣を改善するように心がけましょう。