成長ホルモンの分泌を活発にさせるためには、遅くても深夜0時までには睡眠するようにしましょう。

睡眠不足が招く肌荒れ

 

「寝不足が続いて肌の調子が悪い!」と経験したことがある人も多いと思いますが、実はこれには深い関わりがあります。

 

それは「成長ホルモン分泌の低下」「ターンオーバーの乱れ」です。

 

またここにストレスが重なることで体内のホルモンバランスが乱れ、体に多くの異変をきたしてしまいます。
栄養、サプリメントを積極的に利用していても「睡眠不足」が続いてしまえば全く意味がなくなるので注意するようにしましょう。

 

 

肌を美しく保つキーワードは成長ホルモン!

肌をいつまでも美しくしたい、綺麗で若々しくいたい、このようなことを誰もが考えているかもしれませんが、まずそうなりたいのなら「睡眠」がとても大切です。

 

そしてそれとあわせて大切なのが「食事」です。

  • 深酒
  • 夜更かし
  • 暴飲暴食

このどれかに該当している人は肌荒れを自分から招いてしまっているということを自覚してください。

 

どれか一つでも見直し、早い段階で生活を改善することが効果的です。
どれだけエステにいこうと、どれだけ美容アイテムを使おうと、どれだけ美容ケアをしていようと「睡眠、食事、生活習慣」が悪ければその努力は一時的になるでしょう。

 

 

成長ホルモンの分泌を活発にさせることが肌を綺麗にする

0時

成長ホルモンが分泌されるのがおおよそ11時~夜中の2時程度だといわれています。
よってどれだけ遅くても深夜0時までには睡眠するように心がけましょう。
また睡眠不足が続くと「鬱」傾向にも繋がるので注意が必要です。

 

体の健康のためだけでなく、お肌のことを考えるのならどれだけ忙しくても早めに寝ることをオススメします。とはいっても仕事の関係や家庭の関係によっては中々睡眠できない場合もあるでしょう。
そういった方はこまめなサプリメント摂取(用量は必ず厳守!)とスキンケアの徹底を行いましょう。

>>シミ取り化粧品についてはこちら

 

そして少しでも眠れるときがあれば積極的に睡眠されることをオススメします。
肌の健康を考えるのなら睡眠が大切だということを理解しておきましょう。